医療法人社団 弘心会 > 診療科目 > インプラント

インプラント

最新のインプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上から人工歯を被せて咬み合わせを回復する治療法です。
人工歯根の素材にはチタンが用いられ、顎の骨としっかりと結合して(オッセオインテグレーション)入れ歯に比べ硬いものでもしっかり噛めます。
入れ歯やブリッジといった従来の方法と比べてメリットが多く、インプラント治療を選ぶ方が増えています。


1. 診査と治療計画

  • 患者様の全身状態の問診と口腔内の状態の診査を行います。
  • あごの骨の量と質を記録するため、口の中の型を取り、レントゲン・CT撮影を行います。
  • これらのデータを用いて、一人ひとりの患者さんに適した治療計画(インプラントシミュレーター) を立案します。

2. インプラント体の埋入と治癒

  • 局部麻酔をかけて、インプラント体を埋め込みます。
  • インプラントと骨が結合するまで、治癒期間をおきます。(1.5か月~6か月)
  • 治癒期間は、インプラント体の種類、骨の健康状態、体調によって異なります。


3. アバットメント(中間連結物)の装着

  • インプラント部分の精密な型取りを行います。
  • 患者さんに適したアバットメント(中間連結物)を装着します。


4. 人工歯の装着

  • アバットメントに適合し、患者さんの歯の形と色に合わせた人工歯を作ります。
  • 口腔内にぴったりと合うことを確認し、インプラント体の上に取り付けます。


5. 治療後の歯磨きと定期検診

  • ご自分の歯と同様に、よくお手入れしてください。
  • 毎食後や就寝前に、丁寧に歯磨きをしてください。
  • 歯科医師による定期的なメンテナンスを受けてください。

インプラントが患者様に適した治療方法であるかを判断する上で、歯科医師の経験が重要な役割を果たします。
インプラントにはさまざまなタイプがあります。
インプラント治療があなたに最適な選択肢か、また、どのインプラントが最善の選択肢となるかについては、歯科医師にご相談ください。

当院で使用しているインプラントは、世界中で使用頻度が高く安全性が実証されているストローマンシステム(ストローマン・スイス)を患者様に合わせて使用しております。


従来の治療方法とインプラント治療の比較

歯を1本失った場合

失った歯の両隣の歯を削って、1本の歯の代わりとなるブリッジを使用します。
・短い治療期間となります。
・両隣の健康な歯を削る必要があります。
・削られた歯への負担が増加します。

インプラントとセラミック人工歯を使って、両隣の歯を削らずに治療ができます。
メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
・自分の歯に近い見栄えです。
・健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担をかけません。


歯を数本失った場合

部分入れ歯は、金属などのバネを健康な歯にかけて使用します。
・短い治療期間となります。
・バネなどがみえて、見た目があまりよくありません。
・違和感を感じることがあります。

インプラントは、天然歯と同じような安定性、機能性、見栄えを備えています。 メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
・自分の歯に近い見栄えです。
・入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。


歯をすべて失った場合

総入れ歯を、歯茎全体にかぶせます。また、上あごの場合は、口蓋も覆います。
・短い治療期間となります。
・入れ歯の安定が悪いとずれやすくなります。
・あご全体の骨がやせることがあります。

インプラントを用いた入れ歯はしっかり固定されており、お掃除のために自分自身で取り外すことも可能です。 メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
・自分の歯に近い見栄えです。
・しっかりと固定されるので、ずれなどによる不快感を解消します。



弘心会グループ歯科医院

おおわだ歯科

〒143-0014
東京都大田区大森中2-20-1
キクセイレジデンス1F
TEL 03-3762-0132

タウン歯科

〒140-0013
東京都品川区南大井6-12-4
タウンハイツ1F
TEL 03-5493-1841

診療科目


ページアップ